カテゴリー:スリムビュートの記事一覧

HMB&痩せるダイエットサプリおすすめ比較ランキング!

効果が話題のHMBサプリや&最新ダイエット食品の口コミと販売店をご紹介

カテゴリー:スリムビュート

スリムビュートと男性|スリムビュートは男性にも効果がある?副作用は

スリムビュートと男性|スリムビュートは男性にも効果がある?副作用は

スリムビュートは男性でも効果がある?

 

スリムビュートは特許成分配合の「赤い」青汁。青汁成分はそのままに、ダイエット食生活をサポートする「3つの特許成分」を配合して、「栄養を取りすぎない」食生活をサポートしてくれるビューティドリンク。

 

でも、ふと調べてみると、「スリムビュート 男」という検索ワードが。

男性でもスリムビュートに興味をお持ちの方が居るようです。

 

では、スリムビュートは男性が使っても、同様に効果があるのでしょうか

 

 

スリムビュートは男性が飲んでも効果はあるの?

 

スリムビュートを男性が飲んでも、その効果は期待できるのでしょうか。

 

その答えはズバリ「効果は期待できる!」と言って良いでしょう。

 

なぜなら、女性にだけ効果があるとか、女性ホルモン様の作用がある成分に偏っているわけではありませんから全然問題ないと思います。

 

スリムビュートには、クマザサ、ケールといったいわゆる「青汁」の主原料、スリムビュートならではのガルシニア、フォースリーンなどの特許成分、それ以外は、甘藷という漢方とコラーゲンペプチド、クエン酸程度です。

 

コラーゲンペプチドも、別に男性の肌にも含まれている訳なので、全く問題ありません。

 

むしろ、私は男性にも強くおすすめしたいですね。

 

スリムビュートを男性が活用するポイント

 

男性でダイエットしたい、という方は、おそらくほとんどの方が「米食い過ぎ」だと思います。

 

パスタをおしゃれに、なんて言う方は多分シュッとされてるので(笑)、丼物、コンビニ弁当、コンビニおにぎり、そんな物がお好きではないでしょうか。

 

あるいは、コンビニ・スーパーで買える100円スナックなど。美味しいですよね(笑)。

 

 

男性で太りにくい方、と言うのは、筋肉量が多くて「基礎代謝量」が多い方です。そもそも体脂肪率が低く、燃焼するサイクルが活発に動いている方ですね。かつ、お仕事などでもハードワークされてる方だと思われます。

 

そういう方は、「米食い過ぎ」でもOKなんですよね。燃えちゃいますから。

いわゆる「ケト体質」。脂肪がエネルギー源という方で、補充が追いつかない。

 

でも「そうじゃありません!!!」という方は、明らかに「糖」の摂り過ぎ。急激に上昇した血糖値を察知したインスリンは、糖分を「脂肪に」蓄えていきます。グリコーゲンは肝臓に死ぬほど溜まってます、と。

 

そんな男性の方、「米」辞められますか?丼、辞められますか?

 

つらいですよね、悲しいですよね・・・でも完全には辞めなくても良さそうです。

 

スリムビュートの「糖質吸収抑制」と「代謝上昇」そして「空腹感との戦い」

 


スリムビュートを男性が活用するべき点はまず、「糖質の吸収を抑える」フォルスコリンの働き。

 

「阻害する」と言うんでしょうか。「遅らせる」と言うんでしょうか。だから死ぬほど米食べていいというわけではないでしょうが、糖質の吸収を遅らせ、脂肪分解を促進してくれる作用がまず期待できます。

 

加えて、バイオペリンやクエン酸で代謝を促進し、糖は摂り過ぎを防いで、身体の燃焼は活発にしてくれます。クマザサやケールなどは豊富なビタミン・ミネラルと同時に、満腹感をもたらし、食べ過ぎの防止にも一役買ってくれそうです。

 

空腹感との戦い、という意味では、糖類は「食べれば食べるほど、また食べたくなる」ものです。怖いですよ。だから、糖以外のものをできるだけ口にいれて、満腹感をもたらした方が良いですし、肉や野菜の満腹感の方が、食後は疲労感なく楽ですね。私は。

 

 

一個余計かな、と思うのは、美容効果ですかね(笑)。

 

美容成分も多少入っていますので、髪もしっかりするでしょうし、お肌も艶良くなることでしょう。それはそれでOKでしょうか(笑)。

 

いずれにせよスリムビュートは、「女性限定」に効果がある成分だけではありません。

 

男性にも強くおすすめしたい、「赤い青汁」です。

 

詳細な使い方や、食事献立の事例などは、こちらで紹介されています。

↓ ↓ ↓

スリムビュート 置き換えの効果|スリムビュートで「続ける」置き換えダイエット

スリムビュートの置き換えダイエット効果はちょっと違う!?

 

スリムビュートは、しっかりとした食生活で継続する置き換えダイエットを実践し、ボディメイクを時間をかけて成功させてくれる、ダイエットサポートドリンク。

 

スリムビュートは完全な断食置き換えではなく、食生活に取り入れることで、あなたのダイエットをより成功しやすくしてくれますよ♪

 

置き換えダイエットにも挑戦したけど・・・あまり効果がなかった、とか、効果が続かなかった、とお考えなら、その理由を解く鍵はスリムビュートにあります。

 

 

スリムビュートは「続ける」置き換えダイエット

 

 

スリムビュートは、いわゆる「赤い青汁」。「汁」なのに「赤い」というのも妙な話ですが、しっかりとクマザサやケールと言った、一般的な青汁の原料もしっかりと配合しています。

 

その上で、赤いフルーツはもちろん、様々な代謝をサポートするビタミンやミネラル類、さらには、特許成分となる「ダイエットサポート成分」を配合したドリンク。

 

スリムビュートの一番の違いは、「短期間の断食」で置き換えダイエットをするのではなく、「日々の食生活に取り入れて、継続して行く」という置き換えダイエットの方法なのです。

 

置き換えドリンクである「スリムビュート」を、カロリー調整の為に利用したり、日々の食生活で「余分なものを残しすぎない」ために使ったりする。

 

それができるのがスリムビュート、というわけです。

具体的にはどういうことでしょうか。

 

 

スリムビュートは糖質の吸収を抑え、代謝させ、排出します。

 

 

スリムビュートが、「継続する置き換えダイエット」の青汁だというのは、どういうことでしょうか。普通置き換えダイエットというと、短期間の断食の間飲み続けるだったり、酵素ドリンクを取り入れながら、朝食代わりに飲んだり、とかです。

 

でも、スリムビュートはちょっと違います。スリムビュートは「食事とともに」ある、青汁と言えます。もちろん、朝食置き換えとかに使ってもOKです。

 

その理由は、3つの特許成分。「フォースリーン・ガーシトリン・バイオペリン」。この3つが、「糖質の吸収を抑え、脂肪分解を促して代謝させ、血流を促して排出する」作用を司る3つの成分です。

 

これは、「食事を減らすことは最小限にしながら、しっかりと栄養を動かし、余分に取りやすい糖質はカットする」という性質があるということ。

 

つまりは、「食事の代わり」のドリンクではなく、「食事の余剰を省いて、効率を上げる」作用が期待されている訳ですね。

 

実はダイエットは、食事制限やいっときの置き換えで「糖」を制限すると、「筋肉が分解」されてしまいます。これが怖くて、一瞬細くなるように思えるのですが、「基礎代謝量」が減って燃焼しない身体になってしまうので、その後リバウンドしてしまうんです。

 

「使う量より食べた分が多く」なり、全て脂肪になってしまうんですね。だから、全く食べないのはだめ。特にタンパク質や野菜の繊維、ビタミンなどは必須と言えます。

 

でもそれだと味気ないし、「糖」は少しでも食べたいじゃないですか(笑)。

これは心理的なものだと思います。女性に糖は必要です(笑)。

 

だったら、「糖質の吸収を制限してくれる」成分で「摂り過ぎを防いで流しちゃう」のが有用だというわけ。そこで、「青汁原料」の食物繊維が活躍してくれます

 

 

スリムビュートは置き換えダイエットではなく「食生活の改善」をサポート

 

スリムビュートの公式サイトにも書いてありますが、「基礎代謝が減っては意味がない」のが、ダイエットの本質。いっときの断食や置き換えでは意味がなく、本当にダイエットの為に必要なことは「継続的な食生活の改善」です。

 

しかも、酵素ドリンクに沢山酵素が入っていても、それって代謝や吸収になんか関係するの?という、ドンズバの本質を投げかけています(笑)。

 

スリムビュートは、そうした「イメージ」の成分ではなく、しっかりと機能性のある成分を選んで、かつ特許成分を配合したりして、「過剰なカロリー摂取や栄養のかたより」を是正して、かつ余分な物を排出してくれる、「ダイエットサポートドリンク」と言えるでしょう。

 

しかも今なら、定期コース初回680円で一ヶ月分のお試しができます。

 

一応定期コースですが、回数縛りはなく、しかもWEBで24時間解約できるそうです。これはスリムビュートの自信の現れ、でしょうか。

 

最近流行りのマッスルサプリで筋肉をつけても、食事を変えなければ「上げ底」になってゴツくなるだけ(笑)。だから糖質制限との併用が良い、と言っている訳ですが、糖質を「我慢する」のではなく、「吸収されにくくして、代謝と燃焼を高める」方が、よっぽど簡単ですし楽です。

 

糖も全く取れない訳ではないので、心理的にも健康を保てますよ。

 

他にも、「ふーん、そうそう」という納得のダイエットトピック満載なので、一度公式サイトで成分やレシピの例、取り入れ方の工夫例などもあるので、見てみてはいかがでしょうか?

 

こちら。

 

↓ ↓ ↓